中期経営計画

あなぶき興産グループでは、経営理念に基づき、地域密着、顧客重視の姿勢を堅持し、事業推進を行ってまいります。
また、現在及び今後の外部及び内部環境等の状況を踏まえ、次のとおり、第58期(2021年6月期)から第60期(2023年6月期)までの3カ年を対象とする中期経営計画を策定しております。

あなぶき興産グループ 中期経営計画(概要)

第58期(2021年6月期)~第60期(2023年6月期)
<2020年7月~2023年6月>

【スローガン】

次世代企業を目指す

【中期ビジョン】

お客様の生涯価値を豊かにする「地域エコシステムの駆動者」たる次世代企業グループとなる

【中期方針】

新型コロナウィルスの猛威による、世界的なパラダイムの大転換の中、商品・サービスの在り方を大胆に変革させ、新たな顧客体験を創造する

※エコシステムの駆動者…世の中の価値観の変化や、人の行動変容が大きい現代においては、企業が単独で従来のビジネスモデルを守っていくという姿勢だけでは持続的な成長は望めなくなってきています。そのため、複数の企業や団体がパートナーシップを組み、それぞれの技術や強みを活かしながら、競争優位性を保ち、長期的に存続していく必要があります。この業種業態を超えて共存共栄していく仕組みを、ビジネス上の「エコシステム(ビジネス生態系)」と表現します。当社グループがこのエコシステムの中核に位置し、地域ごとに異なる社会的課題や求められるニーズに対して、画一的ではなく多種多様な価値をご提供することを目指します。

重点戦略

  1. 不動産関連事業の強化
  2. お客様の生涯価値向上のための新たな商品・サービスの企画開発拡充
  3. 海外事業の推進
  4. 人材育成及び、生産性とCS/ESの向上
  5. 財務体質の強化

IR情報

カテゴリトップへもどる